サイト内検索

健康経営・健康宣言

健康経営とは?

従業員の健康に配慮する「健康経営」とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな効果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することです。
従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみだけでなく、生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上などの効果が得られ、かつ、企業におけるリスクマネジメントとしても重要です。
従業員の健康管理者は経営者であり、その指導力の元、健康管理を組織戦略的に則って展開することが、企業経営にとってとても大切です。

※「健康経営」は、NPO法人 健康経営研究会の登録商標です。

健康経営のすすめ

企業が「健康経営」を行うことで、従業員の活力や生産性の向上など組織が活性化し、結果的に業績向上につながるなど、様々なメリットをもたらします。
また、高齢化社会を迎えるにあたり、優秀な労働力の確保、従業員の高齢化による労災発生予防などのリスクマネジメントにも役立ちます。

「健康経営」のメリット
① 生産性の向上
  • モチベーションの向上
  • 欠勤率の低下
  • 業務効率の向上
② 企業の負担軽減
  • 病気休業への疾病手当などの支払い減少
③ イメージアップ
  • 企業ブランド価値の向上
  • 労働力の確保
④ リスクマネジメント
  • 事故や不祥事の予防
  • 労災発生の予防

健康経営・健康宣言を始めよう

「健康経営」の経営方針を明確にして、従業員の健康を維持する仕組みを作りましょう。
当健康保険組合では、健康づくりに取り組む事業所をサポートしています。

ビル具体的な取り組みのながれ
① 健康課題の把握・評価
健康保険組合が保有する健診結果と医療費データ(レセプト)などを分析して、事業所の健康課題を把握します。
② 健康宣言
<経営者が宣言>
  • 従業員のために健康経営宣言(生産性と働き甲斐UP)
  • 社外に対して健康経営宣言の表明(企業イメージUP)
③ 健康づくりの実践
生活習慣病対策や運動の推進、快適な職場環境の整備、健康に関する啓発などをお手伝いします。

健康経営優良法人認定制度

健康経営優良法人認定制度とは、社員の健康課題に即した取り組みなどをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

スポーツエールカンパニー

スポーツエールカンパニーとは?

「スポーツエールカンパニー」制度は、スポーツ庁によって平成29年に創設された制度です。
社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行っている企業を認定することで、運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的気運の醸成を図ることを目的としています。

平成30年度スポーツエールカンパニーに認定されました

SPORTS YELL COMPANY 平成30年度認定大阪港湾健康保険組合は、平成30年度「スポーツエールカンパニー」に認定されました。事務所内へのワークサイズ導入(スタンディングミーティング、歩幅チェック)や、ウォーキングイベント、からだ年齢チェック実施等の取り組みが評価されました。
皆様の見本となるべく、これからも健康増進に努めるとともに、皆様の運動や食事など健康管理のサポート事業も推進していきます。

カモメ イルカ
↑