サイト内検索

がん検診

当健康保険組合では、郵送によるがん検診を行っています。
病院へ行く時間がない方、いきなり複雑な検査はイヤという方でも、ご自宅でご都合の良い時間に自分で検体を採って送るだけで、気軽に検査が受けられます。
がんは早期発見・早期治療がポイントです。
自分の健康を自分で守るためにも、この機会にぜひ受けましょう。

対象者

40歳~74歳の被保険者と被扶養者
(子宮頸がん検診は25歳~74歳女性の被保険者と被扶養者)

※4月1日~翌年3月31日までに40歳を迎える方。

※年度初め(4月1日)、検診申込み時、検査キット返送時のすべての時点で当健康保険組合の資格があること。

費用

無料

がん検診の種類

6種類(大腸がん・肺がん・前立腺がん・子宮頸がん・胃がん・ピロリ菌)の検査から1つを選んで受けれます。

種類 特徴 対象者
大腸がん検診 進行すると治療が難しくなります!
  • 早期治療により、ほぼ100%完治できます。
検査方法:2日分の便を採取
40歳以上
肺がん検診 胸部レントゲン検査で見つけにくいタイプのがんに有効です!
  • 無症状のうちなら8割が治るといわれています。
検査方法:3日分のたんを採取
40歳以上
前立腺がん検診 50歳から急増しています!
  • 初期~中期には自覚症状がありません。
  • 早期発見できれば治療法の選択幅も広く、完治する確率も高くなります。
検査方法:専用の器具で血液を指先から採取
40歳以上の
男性
子宮頸がん検診 初期症状が少ないので定期的な検診が大切です!
  • 30~40歳代の方がかかりやすいがんです。
  • 女性の8割が一生に一度は感染するヒトパピローマウイルスが原因です。
  • 早期治療により、ほとんど治すことができます。
検査方法:専用の器具で子宮頚部の細胞を採取
25歳以上の
女性
※妊娠中の方は申込みできません
胃がん検診
(ペプシノゲン法)
胃がんになる危険度の高い人を発見します!
  • 胃の粘膜の健康度から、胃がんになるリスクが高いかを知ることができます。
検査方法:専用の器具で血液を指先から採取
40歳以上
ピロリ菌検査 ピロリ菌に感染すると胃がんになるリスクが高くなります!
  • ピロリ菌が持つ病原が血液を通して全身に運ばれ、胃以外での疾患を発症させる可能性があります。
  • 胃の不快感が続く方、胃炎や胃・十二指腸潰瘍を繰り返す方にもお勧めです。
検査方法:1日分の便を採取
40歳以上

申込み方法(検診のながれ)

  1. 希望する検診を1つ選んで、ハガキ・FAX・下記QRコードいずれかの方法で検査機関(メスプ細胞検査研究所)に直接お申込みください。
  2. 検査キットが自宅に届きます。
  3. ご自身で便や痰・血液などの検体を採り、検査キットをご返送ください。
  4. メスプ細胞検査研究所で検査を行います。
  5. 約2週間後に検診結果が自宅に届きます。

申込みQRコードはこちら QRコード

がん検診申込書(年度内に40歳~75歳になられる方) 用紙
がん検診申込書(年度内に25歳~39歳になられる女性) 用紙

申込み締切日

2019年7月31日(水曜日)消印有効。

※検査キット返送締切日:2019年10月31日(木曜日)消印有効。

※7~9月はピロリ菌検査を行っていませんので、早めにお申込みください。

※申込みをされて検査キットを受け取られた方は必ず検査を受けてください。

カモメ イルカ
↑