サイト内検索

特定健診

「高齢者の医療の確保に関する法律(平成20年4月施行)」に基づき、特定健康診査・特定保健指導の実施が健康保険組合などに義務づけられました。
特定健康診査・特定保健指導は「メタボ健診」ともいわれるように、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目し、生活習慣病の予防を目的として行っています。

※メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積により、高血糖・脂質異常(高中性脂肪または低HDLコレステロール血症)・高血圧などの動脈硬化の危険因子が集積している状態をいいます。

対象者

40歳~74歳の被保険者と被扶養者

※4月1日~翌年3月31日までに40歳を迎える方。

※年度途中に当健康保険組合の加入者になられた方については、その年度は対象となりません。

実施期間

年1回(4月~翌年3月)

特定健診の項目

全ての項目が実施されて、初めて特定健診の実施とみなされます。

基本部分(無料で受診できます)
診察・計測 質問(問診)・理学的所見(身体診察)・身長・体重・BMI・腹囲・血圧
血液検査 脂質 中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール
肝機能 AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GTP)
血糖 空腹時血糖またはHbA1c
尿検査 尿糖・尿蛋白
医師が必要と判断した場合に選択的に実施される詳細部分(全額自己負担になります)
血液検査 貧血 赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値
その他 心電図検査・眼底検査

実施方法

被保険者

会社の健康診断を受けてください。(会社の健康診断の項目に特定健診の項目が含まれています)

事業主様へ:会社の健康診断の結果データを受領することで特定健診受診に代えさせていただきますので、健診結果データを健康保険組合へ提出していただきますようご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

※健診結果につきましては健診機関と調整していただき、電子媒体での提出にご協力ください。

※健診結果が紙媒体の場合は、必ず「質問票」を添付してください。
電子媒体の場合でも、「質問票」の内容がデータに含まれているか必ずご確認ください。

質問票 用紙

被扶養者・任意継続者

対象者には、特定健診の「受診券」と受診案内をご自宅に郵送します(4月中旬~5月下旬ごろ)ので、「受診券」と保険証を持って特定健診実施機関で特定健診を受けてください。

費用
無料
※検査項目の基本部分は無料ですが、医師の判断により実施される詳細部分などについては全額受診者負担となります。
特定健診実施機関
特定健診実施機関で受けることができます。
申込み(受診)方法
  1. 受診可能な健診機関を調べるため、パソコンなどで「特定健診等実施施設検索システム」にアクセスします。
  2. パスワード入力画面に健康保険組合名、保険者番号(保険証の下段に記載されている06から始まる8桁番号)を入力し、検索画面へ。
  3. 住所などにより特定健診実施機関を検索し、ご希望の健診機関を選択します。
    Aタイプ、Bタイプどちらもご利用できます。
  4. 健診機関に電話で受診日時などの予約をします。
  5. 健診当日、予約した健診機関窓口で受診券・質問票・保険証を提示し、特定健診を受けてください。

※受診を希望されない方は、受診券を会社経由または直接健康保険組合まで返却ください。

お願いなど
  • パート先などで健診を受けられた方は、健診結果を提出いただくことで特定健診を受けたことになりますので、健康保険組合まで健診結果のコピーと質問票を必ず提出していただきますよう、よろしくお願いいたします。
  • 健診後、特定保健指導の対象となられた方には、健康保険組合から改めて特定保健指導についてご案内いたします。
  • 健診の補助は年度内1人1回となりますので、特定健診と節目健診の両方は受けられません。
    節目健診の対象にもなっている方につきましては、特定健診か節目健診いずれかを選択し受けてください。(節目健診の項目には特定健診の基本項目が全て含まれています)
  • 検索システムの使い方などご不明な点がございましたら、健康保険組合までご連絡ください。

実施計画

大阪港湾健康保険組合の特定健診・特定保健指導の具体的な実施方法、実施やその成果に関する具体的な目標、適切かつ有効な実施のために必要な事項などについては、「特定健康診査等実施計画」をご覧ください。

カモメ イルカ
↑