サイト内検索

賞与支払届

賞与(年3回以下支給)などは標準報酬月額の対象とはならず、標準賞与額として、賞与の保険料の対象となります。事業主が賞与を支給したときは、「賞与支払届」をご提出ください。

提出書類

  • 賞与支払届総括表
  • 賞与支払届

※厚生年金保険分は健康保険組合を経由せず、日本年金機構へ直接ご提出ください。

※支払予定月に賞与の支払いがなかった場合も、「賞与支払届総括表」は必ずご提出ください。

提出日

賞与支給日より5日以内

記入方法

紙により届出を行うとき

紙により届出を行う事業所には、健康保険組合から「賞与支払届総括表」と「賞与支払届」を送付します。
「賞与支払届」作成時点における事業所の被保険者全員の基本情報を印字していますので、次の要領で記入し、「賞与支払届総括表」を添付して健康保険組合までご提出ください。

  • 作成日の関係上、「賞与支払届」に基本情報が印字されていない被保険者がいる場合があります。その方への賞与の支払いがあった場合は、余白に追加してご記入ください。
  • 基礎データが印字されている被保険者で賞与などの支払いのない方は2本線で消してください。
  • 事業主印は「賞与支払届」の1枚目と3枚目と「賞与支払届総括表」2枚に押印してください。また、届書が2組以上になった場合は、最初の1組目のみ事業主印を押印していただくだけで結構です。

記入上の留意点

賞与支払届総括表

  • ⑤欄には、「賞与支払届」の⑤欄の賞与額(合計)の総額をご記入ください。

賞与支払届

  • ④欄には、賞与(賃金・給与・俸給・手当・賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるもののうち、年3回以下支給のもの)の支払年月日をご記入ください。
  • ゥ欄には、通貨で支払われた賞与額をご記入ください。
  • ェ欄には、食事・住宅・被服など通貨以外のもので支払われたものについて、健康保険法第46条または厚生年金保険法第25条の規定によって日本年金機構または健康保険組合が定めた価格によって算定した額をご記入ください。
  • ⑤欄には、ゥ欄及びェ欄の合計額から、1,000円未満を切り捨てた額をご記入ください。
  • ※たとえば、234,765円の場合は、
       2 3 4
    とご記入ください。
    ※10,000千円以上となる場合は、
    9 9 9 9
    とご記入ください。

電子媒体(CD・DVD・FD)により届出を行うとき

  • 日本年金機構が提供する「届書作成プログラム」により作成してください。
    上記プログラムを使用せず独自で作成する場合は、日本年金機構が提供する仕様チェックプログラムでチェックを行ってください。
  • 詳しくは、日本年金機構ホームページをご覧ください。
日本年金機構ホームページ:
http://www.nenkin.go.jp/
日本年金機構電子申請・磁気媒体申請照会窓口:
0570-058-555

注意事項など

  • 同一年度内(4月1日~翌年3月31日)に支給した賞与額が標準賞与額の上限573万円を超えた場合でも、実際に支給した賞与額をご記入のうえご提出ください。
  • 標準賞与額は全国健康保険協会または各健康保険組合などの保険者単位での累計となりますので、同一年度内で転職や転勤などにより複数の被保険者期間がある場合は、同一の保険者期間中に決定された標準賞与額を累計することとなります。同一年度内で複数の被保険者期間があり、当組合での被保険者期間中の標準賞与額の累計額が573万円を超える旨の申出が被保険者よりあった場合はご連絡ください。
  • 資格喪失月に資格喪失前に支払われた賞与や、育児休業などによる保険料免除期間中に支払われた賞与については保険料はかかりませんが、標準賞与額の累計に含まれますので、賞与の支給があった場合は賞与支払届をご提出ください。
  • 届出記入の際は、健康保険の事業所記号や被保険者番号、厚生年金の事業所整理記号番号や被保険者整理番号などお間違えのないようご注意ください。
カモメ イルカ
↑